だわさ@Paris

2年間のパリでの音楽留学の記録 など!

講習会②室内楽

 

室内楽は前回受けた講習会でもとったけどあんまりいい思い出がなくて

(話せば長いけどフランス人声楽2人のただの伴奏者と化す&先生ヴァイオリンの先生w)

 

今回はメンバーと曲が講習会の2週間くらい前に送られてきたんだけど、

プチ室内楽♡

って書いてるのに曲目がフォーレのトリオとグリーグのヴァイオリンソナタだったから目が点になって(*_*)

 

それにやっぱりメンバーみなさんフランス人だし、

元々コミュ障なのにさらにフランス語自信ないしでめっちゃ不安で

 

そしたらみんな初対面のときに

「なおこねー!室内楽一緒だよ、よろしくねーーー!!びずーー♡」

みたいな感じのめっちゃ良い人達で涙が出るか思いました。笑

 

合わせの時も「そう!そうよ!めっちゃいいわブラボー!」「あなたとできて嬉しいー!!♡」って愛を伝えまくってくれて

 

レッスンで先生に「えっと君は英語の方がいい?」

って聞かれたら

「なおこはすごいの!フランス語全部理解してるから大丈夫!」

ってフォローしてくれて(全然そんなことないけど←)

 

あれ、私。。フランス人のこと誤解してた( ;∀;)ってなった。笑

くそ拙いフランス語でもめっちゃ褒めてくれるし、もうほんとに嬉しくて感動したし音楽にも感動したんやけどそれを表現できないのがもどかしすぎた!

私も気持ちとか、感謝とか感動とか、ちゃんと伝えられるようになりたい(>_<)

これは日本語フランス語関係なくいつも課題です。。

 

 

異文化コミュニケーションといえば、ビズ合戦も初めて経験した!

まず空港ついてみんなと会って、全員とほっぺちゅっちゅするの|д゚)

大人数でわらわら次の人探してちゅっちゅしていく様は見慣れてないから

内心きゃーーーー|д゚)  ってなったww

 

「あ、次あなたね、にっこり^^ (どきどきどきどきどきどき)」

ていう感じ。笑

 

 

室内楽の話からめっちゃそれたけど

 

レッスンでは、ヴァイオリンの先生もピアノの先生もみて下さって

(チェロの先生にはみてもらわなかったけどみてもらったグループもある)

 

とってもバランスよく、細かくレッスンしてもらえて、

そういえば今まで「室内楽のレッスン!」っていうのをがっつり受けたことそんなになかったから(なくもないけど本番前にちょっと受けるだけとか、 伴奏者的な扱いでピアノはあんまり指摘されないとかだったし)

本当に嬉しかったし勉強になった!!

 

でも合わせの面では語学力なさを痛感しすぎてもっと言いたいこと言えるようになりたいってほんとに思った(T_T)

一緒にやってる子は私がそんなに喋れないとか関係なく接してくれるのに

私のほうが引け目感じて勝手に奥手になっちゃう感じ。。

語学力っていうか性格か!!(´゚д゚`)←

ぐいぐいいけるように頑張らないとーー!(T_T)

と思った室内楽でした。でもすごいいい思い出!感謝♡