だわさ@Paris

2年間のパリでの音楽留学の記録 など!

テスト生ビザ&滞在許可証申請について

昨日の晩から喉が痛くて朝もしんどくてあーやってしまった…と思ったけど今日ゆっくりしたらましになったかも。
 
昨日やたらと気分が落ち込んでたのは体調のせいだったのかな(>_<)
クリスマスの雰囲気好きなはずなのにお店でかかってたクリスマスソングに理由もわからずすごい腹立って泣きそうだった(爆)
病が気からきたのか病から気がきたのか。。←
 
というわけで、今のBGMはso this is christmas~です💛('ω')ノ笑
 
 

テスト生ビザは情報が少ないので私の場合の体験を書きます!忘れないうちに!

こういうのを書きたかったからブログ始めたようなもんだったんだ←忘れてた

ほんとに情報少ないの(>_<)

ので無駄に張り切って色づけしてみた(笑)

 
 
でも年度や人や居住地によって色々違うみたいなのでポリスのサイトで念入りに確認して下さいませ~!
パリ郊外に住んでる人の方が苦労するって聞きます(>_<)
テスト生ビザの知名度というか人数がそこまで多くないんだと思う
 
▼まずビザについて
 
3ヶ月以上の滞在にはビザが必要です
 
私みたいに、秋入試 秋入学の場合、
(↑国立以外の公立音楽院はみんな秋入試じゃないかな?
 
当然入学が決まるまでその行きたい学校で学生ビザはとれない。
 
ので、いくつか手段があってそれぞれの良いところと悪いところ↓
 
①エコールノルマル音楽院に仮登録して学生ビザをとる
  →〇確実、情報が多い、気持ち的に楽
      △登録料が高い(500€ぐらい?)ので通わない場合はもったいない
 
②語学学校に登録して学生ビザをとる
  →〇ほんとに通うならあり(授業週20時間分以上登録しないとビザもらえないからちょっとしんどい)
    △学費が高い&その後の更新の時にややこしくなりがちらしい
 
③入試に合格してから一旦帰国して学生ビザをとる
     〇確実
  △ビザ発行にどれだけかかるかわからないけど学校に通い始めるのがかなり遅れる&飛行機代がかかる
 
④テスト生ビザをとる
     〇3ヶ月だけのビザだけど合格したら帰国しなくても滞在許可証申請できる
     △学校によるとは思うけど申込証明書を手に入れるのが超大変だった&落ちたら帰国しないとだめ&とる人が少ないから情報が少ない
 
 
ていう方法があって、私は色々迷ったけどテスト生ビザをとることに。
 
▼ビザget、渡仏、入試なり学校登録なり
 
 
▼滞在許可証
 
留学準備の最大の砦?、滞在許可申請!
 
 
一年間のビザを持っていても、渡仏後3ヶ月以内に滞在許可申請しないと不法滞在になっちゃう(><)
 
普通は渡仏後すぐ手続き始めるんだけどテスト生ビザの場合は合格後に申請します。
 
 
ここからは
15-16年度テスト生ビザ&パリ市内在住の場合
のお話です!!
 
住んでる街の警視庁(Prefecture de police)のサイトに行って滞在許可証(titre de sejour)の項目を見ていけば必要書類、申請場所が書いてあります。
 
通常、パリ市民はクリニャンクールの警視庁に行くんだけど、この9月~11月の時期だけパリ市の南端のcite universitaire(大学国際都市)に設置された、留学生のための滞在許可証申請の臨時窓口があるのでそこに行きました
 
 
 
ここの良いところは、
 
クリニャンクールよりは、かなーり安全な地域
係の人が優しい(笑)し人数も多い
その場で健康診断の予約が出来て、滞在許可証受け取りの招集令状convocationがもらえる(普通は郵送じゃないかな←フランスはいい加減すぎるから対面でやり取りするのが1番だと思う…)
同じ所に住宅補助(CAF)とか保険etcの臨時窓口がある
 
ところです!
 
歓迎されてる感があって嬉しい案内板
f:id:dawaseur:20151120003333j:image

f:id:dawaseur:20151120003344j:image
 
 
クリニャンクールの警視庁は行ったことないけどいい話聞かないしgoogleのレビューの低さがそれを物語っている…!笑

f:id:dawaseur:20151120003116j:image
 
 
しかしCite universitaireもいくら係の人が優しいとはいえ、書類が足りてない、書類のコピーしてないとかがあるとあっさり追い返されるので準備はちゃんとしましょう←そのお陰で順番がすぐ回ってきた(・ิω・ิ)笑
 
9時~のところに8時30分に並びに行ったら10番目くらいで、その後どんどん増えてったので早めに行ったほうがいいかも。11月だからまだそんなにだけど、学校始まる時期だともっと並ぶんだと思う(><)
 
そして
”9時~受付”とは書いてますが、
”9時ぐらいに職員出勤するよ”
 
に書き直した方がいいぐらいの感じ(笑)
 
受付が開いたのは9時15分過ぎてたと思う…
 
けど、10時までに手続き終わった!早い!!
 
 
↓私が用意した書類一覧
    ★書類は全てフランス語のもの
    ★オリジナル&コピーを用意する
 
     〇必要だった書類
     ●返された書類
 
〇パスポート
〇パスポートの写真のページコピー
〇ビザコピー
●入国スタンプ押してあるページコピー
〇出生証明(法定翻訳されたもの)
〇証明写真3枚
〇日本の仏大使館から送られたテスト生ビザ説明の紙
〇学校の合格証明書
●賃貸契約書
〇最近の電気代請求書
●住宅保険加入証明書
〇学校の登録証明書
〇銀行の残高証明書
     (月615€×12ヶ月以上の残高)
●社会保険の加入証明書 学校でもらったもの&保険会社でもらったもの
 
 
です!
手順は
 
①窓口で書類チェック&申請書類に記入して(親の居住地、資金の出どころ、学習計画etc)
レセピセ(滞在許可証申請中っていう証明書)が出来上がるのを待つ
 
②もう一度呼ばれて内容に間違いがないかチェック
→レセピセと、滞在許可証を受け取る日時の招集令状もらう→再び待つ
 
③また呼ばれてofii(移民局)での健康診断の予約をとる
↑いくつかの候補の中から好きな日を選ばせてくれた!
 
 
ということで無事に終了!!
 
予想外にストレスフリーで本当良かった!
 
滞在許可証もらえるのは1月だけど、大きな心配事が1つ減ってほっとしました
もらえるまで安心はできないけども
私のビザの期限12月15日やし…ヽ(;▽;)ノ
 
もらえる滞在許可証の期間は申請日から1年分(来年11月中旬まで)だそうです。
 
もらったレセピセの期限は3ヶ月で、もし滞在許可証に時間がかかるときはこのレセピセの更新をするらしい…
 
外国に住むのも簡単じゃないね…
 
 
テスト生ビザの滞在許可申請についてでした!