読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だわさ@Paris

2015年9月27日-パリに音楽留学中のだわさのぶろぐ!

オーヴェル=シュル=オワーズ2🐤印象派

ゴッホの街、オーヴェル=シュル=オワーズの番外編

オーヴェル=シュル=オワーズ城の中にある博物館?について(*^o^*)

 

これがお城💛

f:id:dawaseur:20160729235455j:plain

博物館入り口、その名も「印象派時代の旅」

f:id:dawaseur:20160729235437j:plain

門をくぐったらこんな感じで

 

f:id:dawaseur:20160729235439j:plain

トイレもこんな入りにくい雰囲気が漂っております(笑)

f:id:dawaseur:20160729235440j:plain

 

なんとこちらの博物館?美術館?

印象派の画家たちがテーマなのに、作品は一切置いてない!!

が、入場料10~12€ぐらい。

ちょっと「高いなー」と思ったけどその価値ありまくりでした!

というのもオーディオガイド(日本語あり)を持ちながら部屋をまわっていくんやけど、自分は一切オーディオガイドには触らず、ガイドに従って進んでいきます。

そしたらまるでガイドさんと回ってるみたいに自動的に部屋に合わせてオーディオガイドが喋ってくれて、それと一緒に部屋の展示も動くという!!展示方法…!←説明へたくそ笑

 

入り口

f:id:dawaseur:20160729235441j:plain

 

パリの街角紹介部屋

f:id:dawaseur:20160729235442j:plain

街の様子の効果音とかBGMとか照明とかとか、、

展示とオーディオガイドがぴったり一致するわけ!!

f:id:dawaseur:20160729235443j:plain

 

↓「(ガイド)一階には~~が住み」→一階の照明が点く  

的な!すごくないですか!

f:id:dawaseur:20160729235444j:plain

裕福な暮らしとか

f:id:dawaseur:20160729235445j:plain

 

舞踏会の衣装、

f:id:dawaseur:20160729235446j:plain

普段の外出着に

f:id:dawaseur:20160729235448j:plain

それらを支える女性たち

f:id:dawaseur:20160729235447j:plain

 

パリのキャバレーをテーマにした部屋では

f:id:dawaseur:20160729235449j:plain

 

スクリーンに絵画や踊り子etcが映し出されて様子を再現f:id:dawaseur:20160729235450j:plain

 

↓ここは、印象派の画家達が自然を求めてパリから旅立ったこと、ルノワールやモネの絵画のこと、彼らの言葉などなどをまとめた映像を

19世紀の鉄道のワゴンを再現した、

その椅子から窓の外を見る形で鑑賞するという( ;∀;)憎い演出( ;∀;)笑

f:id:dawaseur:20160729235452j:plain

こんな感じf:id:dawaseur:20160729235451j:plain

 

BGMがフォーレとかドビュッシーとか、これまた絶妙で(>_<)

f:id:dawaseur:20160729235453j:plain

他にも水辺のバカンスとかジャポニズム、絵の具のことetcを解説するとこもあったり

 

もうとにかく印象派、19世紀愛が半端なくて、本物の作品はないのにその世界にどっぷり浸れる、まさに「印象派時代の旅」な博物館でした!!!画期的!

この町に来たら是非とも~╰(‘ω’ )╯三

 

 ◎おまけ

お城の城壁🏰

f:id:dawaseur:20160729235456j:plain

散策に来てた子供たち。てんとう虫リュックが可愛すぎた💛

f:id:dawaseur:20160729235454j:plain