だわさ@Paris

2年間のパリでの音楽留学の記録 など!

丁寧さとフランクさと📝

 こんにちは!

相変わらずなんとも言えない気分の日々を過ごしてたんですけど、大学院も再開して(院2の途中で休学して留学したのであと半年通います!)ちょくちょく伴奏のお仕事を頂きながらぬるぬる暮らしております\(^o^)/

でも同じように今年パリから帰国した友達2人と喋って、みんな燃え尽きたり病んだりすることがわかったので安心した♡笑

 

ていうかもう目の前に迫ってきてるフランス語試験がほんまに絶望的すぎるのもこの冴えない気分の原因やと思う。゚(゚^o^゚)゚。

気付いてんけど、私は語学って

「話せない、慣れてない頃は難しく考えがちやけど実は簡単な言い方でなんとでも言えるし、ネイティブもそんな難しい表現とか幅広いボキャブラリーを日常会話では使ってない」

と思ってたわけ!

それはほんまやと思う!

し暮らす分にはそれでいいと思う!

 

が!!

 

私が受けようとしてるレベルの試験で求められるのは

「出来るだけ丁寧で複雑な表現を使い、幅広いボキャブラリーを持ってることを見せる!」

な感じなわけ。゚(゚^o^゚)゚。

くまったくまった🐻

 テキストを見もせず申し込んだからな~←

 

「日本語は敬語とか大変でしょ~」

ってこちらは外国人に対して思ってるけど

フランス語の敬語も大変。゚(゚^o^゚)゚。

ていうかどの言語の敬語も大変なんやと思うわきっと!!知らんだけで!!

日本は特に縦社会やから敬語を使わないといけない場面、相手が多いだけなんじゃなかろうか?

例えばフランスの職場では社長とかものすごく偉い人でない限り、先輩も後輩も上司も部下も関係なくタメ口らしい(^-^)

 

で、そんな敬語対策のための

【丁寧な格調高い文章になおそう】

みたいな練習問題にて。

問題「①~してもらえますか?」

私「え、これ以上どう丁寧にするん」

 

解答みる

→「①申し訳ありませんが、もしよろしければ~して頂ければありがたく存じます。」

 

 えーーー

知らんーーー\(^o^)/\(^o^)/

無理ーーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

 

みたいな絶望の連続で勉強する度に心が疲弊していくの。゚(゚^o^゚)゚。

 

多分この試験がらくらくパス出来るレベルになったらもうフランス人を名乗ってもいいと思うわ。←

そんなわけで、今回の試験はまぁ経験として、試験後も勉強続けていこうと思っております…。゚(゚^o^゚)゚。

何もしなかったら上達どころかするする忘れていくやろうし…

 

 

話は変わりますがこの間、私の携帯があまりにも容量がぱんぱんで色々不具合が出てるので、

Whatsapp (LINEみたいなアプリ)を消したんですよ。

念のために残しておきたい会話とかないか見返してて思ったけどやっぱり欧米はだいぶフランクだと思った(笑)

そのせいでそんな過剰な丁寧語が必要な場面があんまりなかったの!←言い訳

 

例えばモロッコのホテルもクロアチアのホテルも予約後whatsappでやりとりしててんけど、もう感覚的には日本語でいうと

「へい!空港まで迎えに行ったってもええで、20€でどや」

「おけ」

「はは、じゃまた!」

なノリなわけ!\(^o^)/

(全部ホテルの発言)

 

 

あとイタリアのコンクールとのやりとりも

f:id:dawaseur:20171001115330j:image

絵文字!!👍👍笑

 

そして、このコンクール3日前に

「私が提出したプログラム送ってもらえますか?」って聞いてる自分にも引いた(笑)

 

2週間の間にイタリアでのコンクール2つとその間にフランスでのリサイタルがあった時、2個目のコンクールで自分が何弾くのかわからなくなってたの😅爆

 

色々問題が起こる代わりに何しても許される(もちろん場合による!)雰囲気の欧米の空気に慣れきってるけど、そんなことを日本でしないように気をつけます←当たり前

 

徒然なるままの気まま日記でした\(^o^)/