だわさ@Paris

2015年9月27日-パリに音楽留学中のだわさのぶろぐ!

メゾン・ド・ユゴー

 もういつの話だか~。゚(゚^o^゚)゚。

マレ地区の、ヴォージュ広場にある

ユゴーの家について!簡単に!

あのレ・ミゼラブルのユゴーさんです(^o^)/


ヴォージュ広場はこんな建物が四辺を囲ってて、真ん中に公園があります

f:id:dawaseur:20160505045409j:plain

パッサージュになっててギャラリーやお店が入ってます!

f:id:dawaseur:20160505045410j:plain

ちなみにこんな入口?出口?があったので

f:id:dawaseur:20160505045411j:plain

出てみると、

シュリー館(別の建物)のお庭に入りました!

f:id:dawaseur:20160505045406j:plain

撮影してた(((o(*゚▽゚*)o)))顔ちいさい…

f:id:dawaseur:20160505045408j:plain

シュリー館を正面から

f:id:dawaseur:20160505045412j:plain

そしてこちらがユゴーの家の入口!

30才ぐらいから16年ほど住んだそうな

f:id:dawaseur:20160521200728j:plain

お皿の案内が可愛い♡

f:id:dawaseur:20160521200727j:plain

家系図もお皿で

f:id:dawaseur:20160521200726j:plain

親戚の結婚の時の花冠(1848)♡

f:id:dawaseur:20160521200701j:plain

廊下

f:id:dawaseur:20160521200700j:plain

サロン

f:id:dawaseur:20160521200703j:plain

ユゴーの館にはリストとかベルリオーズとかドラクロワとかロマン派のすごい人たちが集ったらしい(多分←)

部屋からの眺め♡

f:id:dawaseur:20160521200702j:plain

アンティーク家具集めが趣味だったらしい

f:id:dawaseur:20160521200705j:plain

中国風のお部屋!

f:id:dawaseur:20160521200704j:plain

ユゴーが溺愛してたお孫さん2人

ジョルジュとジャンヌ

f:id:dawaseur:20160521200707j:plain


ロダン作のユゴーの彫刻

f:id:dawaseur:20160521200708j:plain


愛人(50年間!)のジュリエットのおばあちゃん時代

f:id:dawaseur:20160521200709j:plain

ユゴーとものすごい恋愛をして生涯ユゴーのために生きた方。゚(゚^o^゚)゚。

ユゴーが30才の時(既婚)にユゴーの舞台に出演したのがきっかけで愛人になって、嫉妬深すぎてほぼ監禁状態にするくせに自分は浮気するユゴーにも耐えて、クーデターの時にユゴーを牢獄から救いだした方。゚(゚^o^゚)゚。

ユゴーに送った手紙は2万通!!!!

ユゴーも相当数送ってるけど、あの大作家ユゴーのラブレターはもうそれはそれは!!ていう感じ!← 

この2人のエピソードは昔本で読んだんやけど、

ユゴー(80才超)宛に来る浮気相手達からの手紙を郵便屋さんからどっちが先に受け取るか、ジュリエット(75才超)といつも競争みたいになってたそう。゚(゚^o^゚)゚。


寝室

f:id:dawaseur:20160521200711j:plain

亡くなった時の絵

f:id:dawaseur:20160521200712j:plain

ユゴーが立って執筆できる用の机

f:id:dawaseur:20160521200713j:plain

おじいちゃんになっても、80才超えても、モテモテで浮気しまくりだったユゴーさん

f:id:dawaseur:20160521200716j:plain

ダンディー\(^o^)/笑


娘のアデルさんは女性解放の本を書いたり作曲したりピアノ弾いたりする人だったそうで、ユゴーの詩にも結構曲をつけたらしい。

↓楽譜

f:id:dawaseur:20160521200720j:plain

ひ孫のジャン・ユゴーは画家、デザイナーとして活躍したらしい!狂乱の時代のパリで友達のコクトーやピカソ、サティーと一緒に社交界に生きてたそうな。

ユゴーの小説に基づく舞台の衣装の下絵(1925)byジャン

f:id:dawaseur:20160521200724j:plain


他にも子孫たちは作家や写真家などで活躍した人がちらほらいますという!感じでした←雑(笑)


日本語のオーディオガイドがあったので借りるのをおすすめします(((o(*゚▽゚*)o)))