だわさ@Paris

2年間のパリでの音楽留学の記録 など!

ドビュッシー💌のラブレター

一昨日Facebookを見ていたら、

例のFrance musiqueのアカウントがこんなムービーを載せてました💛

 

 ≪クロード・ドビュッシーは音楽と同じくらい言葉を操ることが出来た。彼が愛するリリーに宛てた一通の情熱的な手紙をJulieが朗読する。≫

との投稿💛(朗読は0'57~)

で、私はそもそもドビュッシーの人間自体に

そこまで興味は持ってなかったんだけど(浮気しすぎるからかな?😂)

これを聞いて

「これは…!!」

と思いました(笑)

 

ので!恥ずかしさを抑えて訳してみました!

 

しかし個人的によく感じる問題として、

 

フランス語の時は

「はぁ。。。💛🌼✨うっとり」

ってなる文が日本語に訳されると

「うっ。。。」

と引いてしまうことがよくあること( ;∀;)笑

 

なんででしょう。。。

言葉の響きの問題か、文化の問題か、私が仏語好きすぎるだけか。。笑

 

とにかく、外国語と、翻訳されたものは同じになり得ないと訳してても翻訳ものを読んでても思うので(だから訳者の役割ってすごくすごく大きい)

まず読める方、勉強中の方用に先にフランス語だけ載せます!

Vendredi Mai 1899.

Lili aimée.

Hier, j’ai passé une journée plutôt fâcheuse. Ta visite du matin en me rendant si heureux m’avait laissé très troublé et naturellement j’étais tout à fait préparé à trouver la vie insupportable. Ça n’a pas manqué et j’ai été parfaitement désagréable avec les gens qui ont eu le bonheur de me rencontrer. Je prononçais ton nom que j’aime tant et j’ai successivement appelé, Lili, un conducteur de tramway et mon ami le plus intime. C’est assurément comme ça, que commencent les grandes passions, je puis dire que la mienne a eu la rapidité d’un incendie. il faut dire que pour une fois la maison ne demandait qu’à brûler

J’ai la continuelle vision de ta bouche et mon corps me fait mal, tant il est torturé par le désir fou d’étreindre ton corps, j’ai faim et soif de toi à l’exclusion de toute espèce d’autres choses.

Vois-tu, Lili jolie, tu pourras peut-être trouver des lèvres plus rouges que les miennes, tu pourras être étreinte par des bras plus agiles que les miens et sentir contre ton sang un sang plus tiède, mais cela n’est rien, et jamais personne ne t’aimera avec un abandon aussi absolu. Je n’entraverai jamais ta liberté, mais je voudrais te plaire toujours, être celui chez lequel tu mettrais ton désir d’être heureuse. Tu me diras que c’est beaucoup, mais là-dessus tu peux me demander ce que tu veux, j’ai d’immenses réserves à ton service.

Encore une journée et puis demain. Maintenant j’ai la peur maladive que quelque chose t’enlève à moi.

Tous mes baisers.

Claude

Je serais à 7h1/2 rue Scribe comme d’habitude, je t’envoie un morceau de dentelle qui j’espère te plaira, et j’ose dire qu’il aura une sacrée veine de fréquenter ta peau.

https://gw.geneanet.org/public/img/media/deposits/ab/06/4105696/medium.jpg?t=1449671195

(☝ドビュッシーとリリーさん)

そして拙訳です!ほんまに拙いしニュアンス間違いもあるかもですが!!!!!!

----------------------------------------

Vendredi Mai 1899.

1899年 5月 (金)

Lili aimée.

愛するリリー

 

Hier, j’ai passé une journée plutôt fâcheuse.

昨日はそこそこ厄介な1日だったよ。

Ta visite du matin en me rendant si heureux m’avait laissé très troublé et naturellement j’étais tout à fait préparé à trouver la vie insupportable… 

朝、君が来て、僕をあんなに幸せにしてから、ずっと僕はすごく動揺していた。耐えられないような生活にも、ごく自然に準備が出来ていた。

Ça n’a pas manqué et j’ai été parfaitement désagréable avec les gens qui ont eu le bonheur de me rencontrer.

そしてそのとおり、僕は僕に会うという幸せを得た人達に対して完全に不愉快な態度をとった。

 Je prononçais ton nom que j’aime tant et j’ai successivement appelé, Lili, un conducteur de tramway et mon ami le plus intime.

これほど愛する君の名前を口に出し、そして繰り返し呼んだ。リリー。トラムの運転手(←何を意味するのか謎)、そして私の1番親密な友よ。

C’est assurément comme ça, que commencent les grandes passions, je puis dire que la mienne a eu la rapidité d’un incendie. il faut dire que pour une fois la maison ne demandait qu’à brûler

間違いなくこんな感じだ。激しい恋が始まるのは。僕のは火事のように速いと言える。だが家(←ドビュッシー)のほうが、例外的に、ただ燃えたい! と言っていたということを言っておかなくてはならない

j’ai la continuelle vision de ta bouche et mon corps me fait mal, tant il est torturé par le désir fou d’étreindre ton corps, j’ai faim et soif de toi à l’exclusion de toute espèce d’autres choses.

君の口の残像が頭から離れず、私の体は私を苦しませ、君の体を抱きしめたいという桁外れの欲望にあまりにひどく悩まされる。僕は他の何でもなく、君に飢え、渇望している。

Vois-tu, Lili jolie, tu pourras peut-être trouver des lèvres plus rouges que les miennes, tu pourras être étreinte par des bras plus agiles que les miens et sentir contre ton sang un sang plus tiède, mais cela n’est rien, et jamais personne ne t’aimera avec un abandon aussi absolu.

ねぇ、美しいリリー、君は僕のよりも赤い唇と出会うことが出来るだろうし、僕のより軽やかな腕に抱きしめられ、より暖かい血を君の血の向こうに感じることも出来るだろう。でもそれは何でもないんだ。こんなに完全に身を任せて君を愛する人なんて誰もいないだろうから。

Je n’entraverai jamais ta liberté, mais je voudrais te plaire toujours, être celui chez lequel tu mettrais ton désir d’être heureuse. 

君の自由を決して妨げはしないが、僕はいつも君を喜ばせたいし、君が幸せでいたいという願望を託す存在でありたい。

Tu me diras que c’est beaucoup, mais là-dessus tu peux me demander ce que tu veux, j’ai d’immenses réserves à ton service.

それはやりすぎだと言うだろうが、それなら君の欲求を言っていいよ。僕には君に尽くすための莫大な準備がある。

Encore une journée et puis demain. Maintenant j’ai la peur maladive que quelque chose t’enlève à moi

また1日、そして明日。

今は何かが君を僕から奪うんじゃないかって病的に恐い。

Tous mes baisers.

僕の全部のキスを

Claude

クロード

 

Je serais à 7h1/2 rue Scribe comme d’habitude, je t’envoie un morceau de dentelle qui j’espère te plaira, et j’ose dire qu’il aura une sacrée veine de fréquenter ta peau.

いつも通り7時半にスクリブ通りに行くよ。レースのものを送るね。気に入るといいな。そしてあえて言うけど、君の肌と触れ合えるという全く幸運なことが起こるんだ 

 

うーーーーーーん!!!!

 (この時ドビュッシー37才)

 

日本語にするとなんか気持ち悪いけど←

これはフランス語のままでも相当好きじゃないと引いてしまいそうなやつ!!笑

でも最初に転載したムービーのように朗読されると「ふわぁぁ💓💓💓💕💕🎊✨」と(私は)なってしまうんですわ。。

フランス語好き。。←結局(笑)

 

ちなみにドビュッシーはひどい女好きで、

 

 ①ガビーさん

 ☞9年同棲、ドビュッシーが浮気しすぎで拳銃自殺(未遂)

②リリーさん

 ☞①のあと結婚。ドビュッシーが浮気しすぎで拳銃自殺(未遂)

③エンマさん

 ☞②を捨てて駆け落ち。しかも生徒の母親。

 

の!!

リリーさんがこの☝の手紙の受取人なので、ほんまに可哀想( ;∀;)

 

 でも手紙って人となりを知るのにものすごく役立つ!

この手紙を読んで急に人間ドビュッシーに興味が湧いたのでまた手紙探ししてみます\(^o^)/

 

火垂るの墓🎥 in France

この前お知らせしたさくらコンサート🌸

3回ともたくさんの温かいお客さんが聴きに来て下さり無事に終わりました!

歌手のお2人には本当にハードなプログラム、パフォーマンスだったと思うけど、お越し下さった方や主催のみやこめっせの方々に喜んで頂けて嬉しかったです!

ありがとうございました💛
f:id:dawaseur:20180418134441j:image

このメンバーで演奏するのは初めてだったけど、1回目の合わせではついつい話しすぎて大幅に長引き、2回目の合わせ前のランチは笑い過ぎて長引き、(3回目はとても真面目にした😂)、後日の打ち上げは終電まで話が止まらず\(^o^)/

本音で話し合えて、音楽や考え方も尊敬できて刺激し合えて、本当に良い出会いだったなと嬉しくなりました😭🌼✨

今週と来週も初めましてなメンバーで演奏するので楽しみ🎶そちらはクローズドなのですが…!

 

さてさて、今日は唐突ですが

火垂るの墓について!

 

というのも、今月亡くなられた高畑勲監督、

フランスでもとてもとても有名だそうで、私のtwitterのタイムラインでも高畑監督に関するフランス語の記事や彼を惜しむ声がたくさん飛び交っていて驚きました!

 

亡くなられた翌日にはフランスで早速”火垂るの墓”が放送されていたそうな(´;ω;`)

その辺の行動力はすごい…(´;ω;`)

 

とあるフランスの記事によると

≪「火垂るの墓」は「日本モノ」に対する偏見を壊し、そのグラフィック技法は日本のアニメを称賛する初めての記事を生み出させた。

その後、この映画はフランスの聴衆、特に(小)学生に向けて上映され続け、今日フランスにおける日本アニメとの出会いにおいて無視できない映画となっている。≫

 らしいです!

 

そんななか、youtubeで火垂るの墓のフランス語版を見つけたので見てみました(T_T)

もう何語で見ても悲しすぎる映画ですが(T_T)(T_T)

フランス語の吹き替えもものすごく上手くて良かった(T_T)

日本語版ではコテコテの大阪弁なので、フランス語版は清太と節子が少し柔らかく、スマートになったように感じました💡

 

私の中で一番有名なフレーズ、←

「これおはじきやろ、ドロップちゃうやんか。」

 

 は

Il ne faut pas mettre ça dans ta bouche. Ce n'est pas un bonbon.

(これを口に入れちゃだめだよ。これは飴じゃないよ。)

 

 に訳されてました!

「おはじき」ってなんて訳すのかなと思ってたので💡

辞書によると”おはじき=bille(ビー玉、球)”

なんだけど、ビー玉とはちょっと違うしね…

 

そして私の中で2番目に有名なシーン←

がどんな風に訳されてるか、ご紹介してみるコーナー(((o(*゚▽゚*)o)))

清太が栄養失調で弱った節子を抱いて歩いてるところ👣

 

「腹減ったな…。何食べたい?」

 

『天ぷらにな、お造りにな、ところてん』

 

「もうないか?」

 

『アイスクリーム。それから…またドロップなめたい』

 

「ドロップか。よっしゃ、貯金全部おろしてくるわ。何かええもん買うて来たる」

 

『うち、なんもいらん。うちにおって、兄ちゃん。行かんといて』

 

「心配せんでもええよ、節子。今度貯金おろして、お米や滋養のあるもん買うたら、もうどこにも行かへん。ずっと兄ちゃん節子のそばにおる。

約束や」

 お兄ちゃん……(ToT)(ToT)(ToT)

 

そして、フランス語ver(↓1:09:25~)

フランス語学習中の方は先に聞いてみてリスニングに挑戦してみてもいいかもです😆

www.youtube.com

 

フレーズの下に私なりの直訳を書きます✏✐✎✍

 

 

清太: Moi aussi j'ai faim. De quoi t'aurais envie ?

「僕もお腹すいたな。君は何が欲しい?」

 

節子: Des beignet de légumes frits et puis des crevettes, du poisson et du riz blanc.

「野菜の天ぷらと、海老と、お魚と、白米」

 

清太: Et puis après?

「それから?」

 

節子: Je voudrais une glace, et puis, tu sais quoi?
Une grosse boite de bonbons aux fruits.

「アイスクリームが欲しい。それから、知ってる?大き~い箱入りの(フルーツの)飴!」

 

清太: Des bonbons ? Ecoute moi, je vais aller à la banque, retirer tout ce qu'il y a sur le compte et acheter ce que tu veux.

「飴?よく聞いて、これから銀行に行って、口座にあるお金全部出して、君が欲しいものを買ってきてあげる」

 

節子: Non, t'en vas pas, je veux que tu reste avec moi Seita. T'en va pas.

「いや、行かないで。清太、私と一緒にいて欲しい。行かないで。」

 

清太: Ne pleure pas Setsuko, je vais aller chercher nos économies, et apporter plein de bonnes choses.

「泣かないで、節子。お金を取りに行って、いいものをいっぱい持ってくるから。

 

et après je ne partirai plus. Je vais resterai toujours à côté de toi. C'est promis.

それから後は、もうどこにも行かない。ずっと一緒にいる。約束する。」

 

でした!(間違いがあったらすみません!)

 

お兄ちゃん……(ToT)(ToT)(ToT)

 

ところてんが白米になってるぐらいで他のニュアンスはそのままではなかろうか…👌

そして大阪弁よりスマートに感じませんか?

 

それにしても、ものすごく久しぶりに見たので、

悲しすぎるけど本当にすごい映画だなと実感…

自分がもっと年を取ったり、親になってから見たら感じることもまた違うんだろうなあと思ったり…(>_<)

あと、youtubeコメント欄とかにフランス人たちの

「これをただ悲しい昔話として捉えるのはよくない。今もまだ平和になってない世の中に生きてることを自覚して、現代の問題とちゃんと向き合わないと」

というような声がたくさんあって本当にそうだなと思いました。

 

こんな風に知ってるアニメで語学を勉強するのは良いとは思うんだけど、火垂るの墓はあまりにも辛すぎるので(ToT)💦、次回ブログではもっと語学学習に向いた動画をご紹介しようと思います!!🎊

さくらコンサート

今年の桜は本当に駆け足でしたね🌸

うちの花壇の桜も急に満開になって、もうほぼ散ってしまいました|ω`)


f:id:dawaseur:20180405115255j:image

が!

明後日こんなのに出ます!

f:id:dawaseur:20180405114955j:image

私たちは

12:00-,13:30-,15:00- の3回演奏します!

曲目も少しずつ変えるかも…??

 

共演する歌のお2人が、京芸の同期&フランス留学後、京芸の博士課程に在籍中のソプラノのお姉さまなんですけど、すごーく実力者なお2人で一緒に弾いてて幸せです😍

やっぱり歌の人は歌唱はもちろんのこと、演技力とか人を惹き付ける魅力とかがすごいなーと、ピアノ弾きながら惚れ惚れ。。

 

『さくらコンサート♡』

という、のほほんな雰囲気に反して、結構(演奏者側が)頑張った&楽しいプログラムで聴きごたえ十分だと思うので、もしお近くにいらっしゃる方がおられたら是非とも😊🎶💕

 

卒業!

2010年から通っていた京都市立芸術大学

ついに卒業しました🌸✨

 

f:id:dawaseur:20180328005033j:plain

 

そしてものすごく光栄なことに首席で修了出来ることになり、

併せて大学院市長賞を頂きました!

f:id:dawaseur:20180328010140j:image

成績とか肩書とかじゃなくて、その時々に誠心誠意ベストを尽くすことが第一、とは思いつつ!

半年前に帰国してから色んなことで悩んだり考えたりしすぎてちょっと弱っていたので、なんだか母校が力強く温かく背中を押してくれたような気がして、思っていたよりすごく嬉しかったです(ToT)

そのことを聞いたときは1人で路上で泣きました。笑

今は、その名に恥じない音楽をしなければと、身の引き締まる思いがしています🔥

そしてここまで勉強させてくれた両親や応援して下さった方々に本当に感謝しかないです(ToT)

 

うちの大学の卒業式の見どころは、

なんといっても美術学部のコスプレ!

いつもアイデアとクオリティがすごいのです😍


f:id:dawaseur:20180328112152j:image

f:id:dawaseur:20180328112200j:image

 http://www.kcua.ac.jp/information/?mp=97217

↑学長の素晴らしい式辞と共にコスプレ写真もいくつか載ってます🌼

 

 

今年は全体的にちょっと大人しめだったなか、1番目立ってたのがこちらのネコ様

f:id:dawaseur:20180328005239j:plain

私が舞台に上がる時の写真を撮って頂いたんだけど、ばっちりこっち見てるネコ様が写ってて↓めっちゃ面白くないですか😂

f:id:dawaseur:20180328005246j:plain

 大学の公式Twitterに載っている、このネコ様が授与されてるところの写真がたまらなく可愛い💓💓💓💓

↓こちら

 

今年は音楽学部生も舞台で歌いだしたり、

答辞中にサプライズで声楽専攻が仰げば尊しを合唱したり、思わず涙😢な温かい式でした💓

 

そんな京芸には、学部4年+大学院2年+間で休学して留学2年、計8年も在籍してました\(^o^)/

高校は普通科だったのと、門下の繋がりもなく(門下という言葉も知らなかった(笑))周りにライバルがいなかったのもあって、ある意味 お気楽で、ある意味世間知らずだったので( ;∀;)

入学後は本当に刺激的で幸せだけど同時に悩み多き日々でした( ;∀;)

 

奇跡的に合格してから8年経つけれど

「たった8年でしたか?」と思うほど、

京芸には育てて頂いたなあと、しみじみ思います。。。( ;∀;)

 

そういえば京芸しか受験しなかった大学入試の時は、一次試験2日目に大コケして(演奏が)、人生で一番、目が開かなくなるまで泣いたけど、

「落ちたのをちゃんと目で見て受け入れないとダメな気がする…」

とか言って一次試験の発表を見に行ったら受かってて、慌てて二次の勉強しに帰ったという思い出が( ;∀;)( ;∀;)笑

 

これから学生ではなくなるけど、

初心忘れず!!

いつまでも学び続ける姿勢を忘れずに生きたいと思います!!

郵便局号泣事件😭@パリ

パリの郵便局での号泣事件から約7ヶ月が経って、ようやくブログに書く気になりました!笑

 

元はと言えば私の不注意が原因でもあるから、ここでは愚痴というより、事実と、“フランスの郵便局とは” と、こちらが持っておいた方がいい心構えを書いて、これから行かれる方の参考になればいいなぁと思います。゚(゚^o^゚)゚。笑

 

事件は8月初めの土曜日の朝!

月末に迫った完全帰国に向けて

 

①ネット会社に送り返すインターネット機器

②実家に送るダンボール1つ

 

 

を郵便局から発送することにしました🙋

②のダンボールは郵便局が売ってる送料込56€の、後は窓口で住所書いて貼って発送するだけという箱!

 
f:id:dawaseur:20180321210329j:image

 

でも我が家には体重計がなく、このダンボールは上限7kgなので、郵便局で重さを測ってから閉じることにしました🙋

 

ダンボール2つ、合計10kg以上を手で抱えて歩くのはキツいし危ないので、大きいスーツケースに入れて運びました🙋

 

着いて、重さの微調整を終えた時に気付く

「ガムテープ忘れた」

 

。゚(゚^o^゚)゚。  

 

郵便局がガムテープを貸してくれないことは知りつつ窓口のお姉さんに聞くと

 

「取りに帰って。荷物はここ(窓口のお姉さんの足もと)に置いてていいよ」

 

と言われ🙋

 

急いで家に帰り、ガムテープを持って郵便局に舞い戻りました🙋

 

多分その間5分ちょっと!

 

すると🙋🙋🙋

 

荷物がない\(^o^)/

 

さっきのお姉さんを見つけて聞くと

 

「え?荷物?そこになかった?」

  あれ、ないな。ねぇちょっと!ここにあった荷物知らない?」

 

別のおじさん職員『さっき集荷されたよ』

 

(╯⊙ ω ⊙╰ )

 

私「あれ2つとも住所も何も書いてないんですけど。1つはテープも貼ってないし。」

 

お姉さん『え??何も書いてない状態だったの??あなたの名前も?それで集荷された??はっはっはーー😂😂😂』

 

 

え(╯⊙ ω ⊙╰ )なに笑ってんの…?

 

 

 

私「どうしたらいいですか?」

 

 

『++++(郵便局のお問い合わせセンター)   に電話するしかないわ。頑張れ』

 

 

「いや、、預かるって言ったのあなたですよね、、」

 

 

『こっちは何もできません!

   忙しいからじゃあねっ』

 

 

↓私の脳内↓

🐤到着した私の無記名のダンボールが「何これ?」ってなって捨てられる様子が過ぎる

 

🐤お問い合わせセンターに連絡したところでそんな「ミスで集荷された無記名のダンボールがあるので確保してください」みたいな指示が届くわけない

(だってここはフランス…🌼)

 

🐤…今どこかのトラックの中にいる私の荷物を追いかけるしかない!!

 

と思い、

 

 

私「次に集荷に行く郵便局教えて下さい」

 

 

『え?(超めんどくさそう)

  *****通りの郵便局やけどもうすぐ営業終わるし(土曜日昼やから)、それにそこも集荷済んでるかもね。少なくともタクシーじゃないと無理よ(^-^)ふふ』

 

とかいう態度で心が煮えたぎったけど時間に余裕がないので急いでタクシーを拾いました🐤

 

タクシーの運転手さんが異様な空気を察して事情を聞いてくれて、ちょっと泣いた(笑)

 

運転手さんが「大丈夫、すぐ近くだよ」って言ってくれてたのもあって、通りかかった別の郵便局をその目的の郵便局だと早とちりして降りてしまう←

 

だって前に白いトラック停まってたし(ToT)

 

その時はまだ自分が郵便局を間違えたことに気付かず、窓口に行きました🙋

 

「荷物はもう集荷されましたか」

 

『はい』

 

(T_T)(T_T)(T_T)(T_T)

 

私→号泣   (笑)

 

 

 

もうショックすぎて自分でどうしようもないぐらい泣いてしまって職員さんも

 

オロロ…(ºωº;≡;ºωº )  状態

 

 

インターネットの機械諸々は弁償だろうし、何より日本へのダンボールに入れてた諸々がもうどこかへ消えてしまうのかと思うと涙が止まらず(ToT)

 

 

そして、

「さっき…😭ヒック  あっちの郵便局で…😭ヒック  荷物預かっといてくれるって…言ったのに…😭ヒック  ……」

 

という事情説明を聞いてくれた職員さんが

 

『君が行きたかった郵便局はここじゃないけどそこに電話して聞いてみるね』

 

↑神様😭💕ていうかそれをしてくれないさっきの郵便局は何🔥

 

 

が、その郵便局ももう集荷が終わってたとのことで、

 

『やっぱり++++(お客様センター)に電話するしかないかも…』

 

と言われたので

 

「代わりに電話してくれませんか…😭ヒック」

 

とお願いするとそれもしてくれ←神様😭

 

でもお客様センターにも

「どうも出来なそう」と言われ←予想通り😭

 

すると隣にいたちょっと偉い雰囲気がする職員さんが

 

「僕にその子のこと任せて」

と言ってくれて、

 

「その(はじめの)郵便局行ってくるわ」

 

と、渡した私の連絡先を持って自転車で颯爽と行ってくれました(ToT)イケメン✨✨✨✨

 

後で絶対連絡すると言われたので

泣きながら家に帰宅すると←

 

約15分後になんと!!!

 

!!!

 

「荷物見つかったよ」

 

の電話がありました(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)

 

神様(ToT)(ToT)(ToT)✨

 

 

受け渡しは、はじめ「月曜にこの最初の郵便局に取りに来て」って言われたけど、その月曜から講習会だったし、今受け取らないとまたややこしいことになると思って

 

「今!今もらいに行きます!お願いします!!」

 

と懇願し、直後に受け取ることができました(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)

 

受け取りはあっさり

 

「はい。良かったね。チャオ✋」

 

な感じだったのでどうやって見つけたのか謎のままなんですけど

この話をフランス人にすると

『郵便局員が盗もうとしたんじゃない?』

とか言われて衝撃だった(^^;)

 

違うとは思うけど、例えば中国人がブランド物をたくさん買って郵便局から別送することも多いみたいだし

(私も郵便局でヴィトンの鞄詰めてる人見かけたことある)

 

バカンスの間の短期アルバイトの郵便配達人が荷物を開けたり盗んだりすることは結構ある話らしいし🔥

 

(私もネットで注文したDVDが開封されて裸で郵便受けに入ってたこともあるし←興味ないDVDだったのかしら😂)

 

 

「いやでもさすがに窓口で盗むはずはないやろう」

 

とは思っております!

 

 

そんな事件でした。゚(゚^o^゚)゚。

 

起こったことより、謝らないどころか笑う職員(しかも複数)の態度が信じられなくてショックだった。゚(゚^o^゚)゚。

 

私がガムテープ忘れたのと、職員さんに簡単に預けたのも悪いんだけど。゚(゚^o^゚)゚。

 

ということで、

私がご提案するフランスでの心構え⚠😂

 

まず郵便局に限らず、何かを申請したり利用する時には

 

「サービスを利用させて頂きます!

   お忙しいところ申し訳ありません!」

と思っておくと

 

『あぁ?(´๏౪๏`)』

な態度で応対されても耐えられます😂笑

 

 

あちら側が

「お客様に満足して頂けるよう!」

「出来るだけ迅速に!」

「ミスのないように!」

「感じのいい態度で接客!」

 

と寄り添ってくれることはほぼないので何も期待しないでおきましょう💡

 

そうすると、優しい人に当たった時に嬉しさも倍増💡笑

 

 

アジア人は一般的になめられがちだけど

郵便局のサービスは私が外国人だからとか関係なく良くないです!

 

その証拠に(?)、Googlemapでその郵便局に寄せられたフランス人達の口コミをご紹介💡😂

 

 

「最も冷たいサービス」

「質問してるのに顔を上げもしない」

「機械の方がよっぽど感じがいい」

「荷物を紛失に100回問い合せても何もしない郵便局」

「世界で最低の郵便局!無能な悪魔!」

 

…。やはり!という感じ。゚(゚^o^゚)゚。

 

こんな感じの、すっごい嫌なこととか、すっごい理不尽なことに遭うことが稀にあるけど、一緒に怒ってくれたり助けてくれる人が絶対現れるのがフランス…👼

 

(今回は私が泣いてなかったらそこまで親身になってくれなかったのでは、とはちょっと感じたけど😰)

 

 

旅行で行くにしても、お客さんと店員さんの関係は日本とは全然違って、こちらもリスペクトを示すのがとても大事だと感じるので

 

挨拶するとか、

お礼言うとか、

頼む時に「お願いします」(please 又は シルブプレ) をちゃんと付けるとか、

一言聞いてから商品を触るとか、

 

そういうのをしっかりすると対応も良くなると思います😘

 

それらを無視してお買い物や食事する外国人のお客さんに対して店員さんが『まじなんなんこいつら』って普通に言ってるのを聞いて横で震えた経験が結構あるので最後に書いておきました(╯⊙ ω ⊙╰ )

 

そんな帰国前最大の事件簿でした\(^o^)/

なるほど!クラシック

土曜日の「なるほど!クラシック」

無事に終わりました(*^o^*)

 
f:id:dawaseur:20180318115138j:image

堺市役所の21階展望台にて🎶

窓からの景色

f:id:dawaseur:20180318090040j:plain

↑古墳✨

演奏会時にはもう日が暮れていて、綺麗な夜景を見ながら弾けました😍

f:id:dawaseur:20180318090047j:plain

ここでは定期的に(夜は2ヶ月に一回?)

コンサートが行われているようで、

毎回楽しみにお越しになる方も多いそう!

普通のホールでの演奏会みたいに『開場は開演30分前』みたいな決まりもないので

開演1時間以上前でも既にお客様が結構いらっしゃり

f:id:dawaseur:20180318090055j:plain

結果、120席用意してほぼ埋まっていたので恐らく100名以上の方がお越し下さってたような気がします。゚(゚^o^゚)゚。ありがとうございました!

 

ご依頼を頂いたのが先月で、それから勝手に「なるほど!クラシック」というタイトルを付けて勝手にチラシを作って自分の首を絞めてしまいましたが💀

 

1曲ごとに解説をはさんで、時代や作曲家のこと、特徴、音階、絵画、演奏者からの視点などなど、ピアノを使ったり、絵を片手に持ったりしながら喋りまくりました。゚(゚^o^゚)゚。

多分、演奏50分、トーク20分ぐらいだったと思う(笑)

 

実は当日まであまりにも不安すぎて

「もういや…消えてしまいたい…」

な精神状態だったんだけど(笑)、なんとか伝えたいことを伝えたいスタイルで話せたような気がします!カンペも結局見なかった!拍手👏←

 

個人的に、

「教えます!(上から目線)」

はしたくないし、

「クラシックは難しくないですよ♡優雅なひと時を♡」

も絶対したくなく、純粋に『なるほど!』な喜びを味わって頂きたかったんですけど

お客さんの反応や頂いた感想から、それが実現出来たんじゃないかなと感じて、とっても嬉しく思いました!!

話した内容と演奏がつながって、今までと違う能動的な?聴き方が出来たとか、毎月やって欲しいとか、普段クラシック聴かない人にも、クラシックめっちゃ聴く人にも言って頂けて感激…😭💕

普段ノータッチな親にも

「この路線でいったら?」って言われた(笑)

 

ていうかロビーコンサートだからもっとガヤガヤするのかと思ったら、トーク中も演奏中もとっても静かで集中して聞いて下さって、ありがたすぎました。゚(゚^o^゚)゚。

 

普段は、ありがちなバロック→古典派→ロマン派→近現代、っていうプログラムは組まないけど、説明しながらだったら歴史を知れて・感じられて良いかも…。

(色々な都合上、ショパン→ベートーヴェン→バッハ→ショパン→フランスもの

っていう謎なプログラム順だったけど😂)

 

それから、始まる10分前くらいから異様に心臓の鼓動が速くなり、「緊張っていうよりこれは体調不良では」って心配になるほどの速さで(笑)、思わず最初のトークで言ってしまったんですけど、

客席から「大丈夫よ~!」の声が飛んで来て

『大阪…好き😍💕』

と思いました(笑)

 

演奏やトークの反省は言い出したらキリがないので1人で反省しときます。゚(゚^o^゚)゚。

またこんな機会があれば、より有意義な時間を作れるように練習に勉強に、続けていきたいと思います(*゚▽゚*)🌸

 

もしお越し下さった方でこのブログを読んで下さってる方がいらっしゃれば、ご意見ご感想ご指摘…何でもおっしゃって頂けると嬉しいです!わからなかったとか難しかったetcでも何でも参考になりますのでどうぞよろしくお願い致します!!!

↓(HPのお問い合わせフォームからでも!✨)

 https://www.naokosawada.com/contact

 

 最後に↓生徒くんが、お辞儀の時にお花を持って来てくれて感動でした😭💕💕💕

f:id:dawaseur:20180318090017j:plain

3月16日のコンサート🎶

ちゃんとお知らせするのが遅すぎますが…

前回ちらっと書いてました、

3月16日(明後日というかもはや明日😵)

のコンサートチラシです!
f:id:dawaseur:20180314213650j:image

↓webページ

https://www.sakai-tcb.or.jp/event/detail/600

”クラシックに興味あるけど、詳しいことは知らない、わからない”

という方にも

「なるほどそういう風に聴くのか~」

と思って頂いたり

「もっと聴いてみたい」

「また行こう!」

と思って頂けるのを目標に頑張ります!

 

今深夜1時ですがまさにトーク内容を考えております。。

どんなこと喋るかちゃんと準備しないと私のことだからお客さんを前にすると「あばばば」とか言い出しそうなので。。笑

 

音楽家は弾くより喋る方が緊張するのは本当です\(^o^)/

お客さん近いだろうから余計に。。

あとやっぱり喋ることで脳みその演奏に使う部分じゃない部分が変に興奮するから(私の場合は)、瞬時にスイッチを切り替えれるように気をつけよう。゚(゚^o^゚)゚。

 

てな感じで今はドキドキですが、

聞いて、聴いて、「なるほど!」

と思って頂けるように頑張ります!

 

興味をもって頂けた方、お近くの方、お時間のある方は是非ふらっとお越し下さいませ💓