だわさ@Paris

2015年9月27日-パリに音楽留学中のだわさのぶろぐ!

6月🌼中世祭りなどなど

ハードな7月前半2週間が終わりました💓

ただでさえハードな上に、考えること、調べること、郵送すること、返事すること、予約することetc 多すぎてハラハラノンストップで辛かった。゚(゚^o^゚)゚。

 

ちなみにまだ片付いてない←

 

けど今回は6月後半の楽しかったこと達を(^-^)

 

⚫ブルゴーニュ地方の大聖堂でチェンバロデビュー😂✨


f:id:dawaseur:20170719061156j:plain

f:id:dawaseur:20170719054548j:image

その経緯👇

 

5月、フォルテピアノのレッスン中に古楽科の教授が入ってくる

 

 

フォルテピアノの先生「この人はなんでも知ってるから古楽のこととか何かあったらこの先生に聞きなさいね」

 

 

私「あ、私ちょうどクープランの組曲弾いてるんですー!」

 

 

その先生「へぇ!来月の*$&¥の教会のコンサートに出なよ!」

 

は???????

 

っていうことでした\(^o^)/ゆっる笑

 

こうして演奏も聴かずに古楽科でもない私がコンサートでソロ弾くことが決まったのでした😂 (後日お願いして1回軽くレッスンして頂いた) 

f:id:dawaseur:20170719061201j:plain

うちの学校から5人+古楽科の先生で行ったんやけど、私以外は古楽科やからその方たちの前で弾くのがほんまのほんまに苦痛…だと感じる気持ちを抑えるのに必死でした。爆

 

お客さんはいいんやけど。。笑

 

でもリハの時に小さめのパイプオルガン、大きいパイプオルガンも弾かせてもらえたーー。゚(゚^o^゚)゚。

 

f:id:dawaseur:20170719061208j:plain

(↓大きいパイプオルガンの演奏ルーム)

f:id:dawaseur:20170719145212j:image

しかしここの大きいパイプオルガンはかなり新しそうなハイテクモデルで、演奏ルームはもはや音響部屋かな?っていう雰囲気😃 

 

教会の大パイプオルガンを弾いている!

っていうよりは機械をいじってる感が強かった🔧笑

f:id:dawaseur:20170719061222j:plain

↑こんな感じで、上の演奏ルーム(私が立ってるとこが入口)の右側にパイプオルガンのパイプが盛り盛りしてます。 

 

勝手なプレッシャーによるストレス(笑)、最高気温40℃、朝出て夜遅く帰る長旅で疲れはあったけど貴重な経験が出来た日でした!

 

⚫パリ近郊の町プロヴァンの中世祭り!

 

中世の町として有名なプロヴァンで、1年に1度2日間だけ開催の大規模なお祭り!

 

去年からずっと行きたかったのだー!!!

去年は開催日が試験の日&その次の日

→試験後オールして断念    だったの😅笑

f:id:dawaseur:20170719061228j:plain

 

木組みの町並みが可愛い💕💕

f:id:dawaseur:20170719061309j:plain

🌼感想

→コスプレ人口やばめ

→あらゆる年齢層が本気コスプレ

→もちろんおじいちゃんおばあちゃんも

→やっぱりアジア人がするのとは違うから似合うっていうかもはやそのもの(笑)

→屋台も中世感満載

 

で、かなり本格的だった😂

↓これが中世なのかは謎だけど(笑)こういうファンタジーな人も多かった!

f:id:dawaseur:20170719061233j:plain

屋台がね、もう中世感を貫き通してて面白いから写真たちを見てくだされ!!📷

f:id:dawaseur:20170719061239j:plain

f:id:dawaseur:20170719061243j:plain

お客さんも(笑)

f:id:dawaseur:20170719061248j:plain

パン屋さん

f:id:dawaseur:20170719061253j:plain

楽器屋さん

f:id:dawaseur:20170719061432j:plain

これは元からあるお店の中!

ディスプレイが可愛い💞

f:id:dawaseur:20170719061436j:plain

↓人形劇みたいなの

f:id:dawaseur:20170719061441j:plain

教会の中でもたくさんお店があって

f:id:dawaseur:20170719061445j:plain

不思議ちゃんオーラ漂うこのお店のランプがなんともいえず可愛かったけど

f:id:dawaseur:20170719061457j:plain

紙で出来てるので日本に持ち帰るのは至難の技。゚(゚^o^゚)゚。

 

あと同じ教会で中世音楽コンサートやってて

f:id:dawaseur:20170719061536j:plain

聴いてる時、私の視線の先の回廊にいちゃいちゃ中のフランス人♂とインド人♀カップルがいてんけど

演奏が始まったらインド人彼女が即興で踊り出したの(╯⊙ ω ⊙╰ )彼氏に向かって!

それがプロとしか思えない超美しいインドなダンスだったのと、音楽の動きとか雰囲気に踊りを合わせてることと、ヨーロッパの中世音楽がそこと通じあってることに結構感動(╯⊙ ω ⊙╰ )

シルクロード~~✨✨みたいな?←

 

終わったあとそのインド人彼女に声かけに行ってる人何人かいたからやっぱりみんな見てたんやと思った😂

 

まだまだ止まらない中世感

f:id:dawaseur:20170719061541j:plain

↑輪になって踊り狂う村人の図

f:id:dawaseur:20170719061545j:plain

↑このお祭りのとき以外使い道なさそうな武器

f:id:dawaseur:20170719061549j:plain

↑14世紀のマカロンとやらを買ってみたけど

甘い×重い  でリピートはないなという感じ←

f:id:dawaseur:20170719061554j:plain

↑革製品やさんに

f:id:dawaseur:20170719061558j:plain

↑カリグラフィーとインクについてのデモンストレーションに

f:id:dawaseur:20170719061618j:plain

↑靴職人さんに

f:id:dawaseur:20170719061622j:plain

↑なんかわからんけどそれっぽい屋台に

f:id:dawaseur:20170719061626j:plain

↑ワイルドな肉料理に(笑)

f:id:dawaseur:20170719061631j:plain

↑お食事中のプリンセス風コスプレさんに

f:id:dawaseur:20170719061607j:plain

↑原始的なキッチン(?笑)に

f:id:dawaseur:20170719061611j:plain

↑もはや映画のような食事風景\(^o^)/

 

こんな感じで、どこを見ても楽しめるコスプレ率!

あと長老的なおじいさん(例えるならハリーポッターの校長先生)の写真撮ろうとした時、わざわざ「これは写したらだめだ!」って飲んでたファンタを置きに行ってくれたり\(^o^)/

 

大人の本気感が可愛くて 和んだお祭りでした(*゚▽゚*)✨✨

 

⚫あとは初めてエッフェル塔に登るなど🗼

 

f:id:dawaseur:20170719061635j:plain

f:id:dawaseur:20170719061126j:plain

パリのアパートは上から見ても素敵💓笑

中庭がある率高いのがわかります!

f:id:dawaseur:20170719061130j:plain

エッフェル塔の最上階にエッフェルさんが来賓とか招いた部屋があって窓越しに覗けるねんけど

壁に大正天皇からの勲章状がかけてあってびっくり(╯⊙ ω ⊙╰ )

f:id:dawaseur:20170719061135j:plain

かなりリアルなエッフェルさんとエジソン人形達が置いてありました

f:id:dawaseur:20170719061142j:plain

凱旋門、見えますでしょうか(*^o^*)

f:id:dawaseur:20170719061147j:plain

なかなか良かったです!

夜もキレイな気がする~\(^o^)/

f:id:dawaseur:20170719061151j:plain

 

 

他にはスペインのセビリアに行ったりしたけどバルセロナ編と合わせてまた書きたい!です!(理想…😂)

フォルテピアノ終了の巻

こんにちは。゚(゚^o^゚)゚。

多忙の極みでなかなかブログを書く暇どころかゆっくりTwitterを眺める暇(←私の心落ち着く時間なの😂)もあんまりないほど。゚(゚^o^゚)゚。

 

一昨日から今日にかけての超高速大移動のことを早く書きたくてたまらんけどそれより先に、愛するフォルテピアノ終了の巻を😭😭

 

※この記事はフォルテピアノの先生、そのクラスとのノロケ話で好き好き言ってるだけなので心して読んでくださいor 読まないで下さい(爆)

 

 

大好きな大好きなフォルテピアノの先生とのお別れの時がやってきてしまいました(╥_╥)(╥_╥)(╥_╥)

もう一週間前の話ですが(╥_╥)

 

本当に出会えて良かった(╥_╥)

だけに悲しい(╥_╥)(╥_╥)

 

前にも書いた通り、何時代の人ですかというような、家に電気なし、手紙以外の連絡手段を持たない、ノルマンディーのドドド田舎(パリから片道4時間)に住む、後にも先にもこんな人には出会わないであろう先生(╥_╥)(╥_╥)💕💕💕笑

 

ていうか住んでる家14世紀のって言っててんけどほんまかなwww

 

毎回のセクハラ発言、教室内を飛び跳ねまくる、誰にでも話しかけまくる、かなり常識を無視したファッション等で人によっては受け付けない人もいるぐらいだけど(笑)

   

すごい愛情深くて、イマジネーションがすごくて、面白すぎて、芸術への情熱に溢れた好きすぎる先生なのーー!!(しつこい?😂

 

 

ということで、その愛を伝えるため&ネットがないということは写真もあんまりもらってないだろうということで、学期末試験の日に合わせてフォトブックをみんなの分作りました\(^o^)/

 
f:id:dawaseur:20170708215220j:image

フォトブックといえば日本でしまうまプリントさんにお世話になりっぱなしで(←コスパと仕事の早さが素晴らしいです!笑)

 

フランスは値段もクオリティも速さも劣るのではと思っていたらーーー!!!←失礼

 

何もかも自在にレイアウト、デコレーションできた(╥_╥)

 

1ページ当たりの写真の数、位置、背景、スタンプ、フレーム、文字入れetc etc...

ほんとになんでも出来た!

 
f:id:dawaseur:20170708215236j:image

f:id:dawaseur:20170708215301j:image

まぁページ数/値段はやっぱり高いけどそれでも満足なフォトブックが完成✨🙌

 

木曜日に注文して火曜日に届いたかな?

 

めちゃくちゃ喜んでくれました。゚(゚^o^゚)゚。

 

あと試験の時に思ったのが、

私このクラスのお陰でピアノを教えたいと思ったかもってこと!

(これまでは「将来的には教えるんやろう」と思いつつ、それ自体にそんなに興味&自信があるわけではなく演奏の方が断然好きなタイプ)

 

というのが、このクラスのレッスンは11時~18時30分いつ来ていつ帰ってもいいんやけど基本レッスンを受けてる人以外に誰かがいて、グループレッスンな感じで、みんなが

どう思うか

どうしたらいいか、

どう変わったか

 

etc...を言って参加するので、意見言うことに慣れたり、色んな意見・言い方があることを知ったり、一人ひとりの成長を目の当たりにして、

「高め合うってなんと素晴らしいこと…✨✨」

って思ったの\(^o^)/

 

だから最後の試験の時も、みんなの悩みも課題も課程も全部知ってるから、今までと"試験で友達の演奏聴く時"の感覚が全然違って、感動しました。゚(゚^o^゚)゚。

 

あとこのクラスのお陰だなと思うのは、迷ったり考えることなくフランス語で発言できるようになったのと日本人の前でフランス語を話す恥ずかしさがなくなったかもということ(笑)

 

それだけじゃなくて!!!!!

12月ぐらいに先生が、私と韓国人の子でエションジュ(自分の得意分野を教え合う&お金は発生しない)したら?って提案して、実際それを続けてきたの。

 

なんでかっていうと、

韓国人の子は専門は作曲で、ピアノは長い間中断してたのもあってテクニックがしっかりしてないからそれをちゃんとやった方がいいけど、先生はイマジネーションなレッスンでその辺カバーしてないから(笑)、

「ナオコにピアノ教えてもらい。その代わりにナオコに作曲を教えてあげなさい」

 

ってなったの😂

 

だから月に2、3回のペースでお互いにレッスンし合ったんやけど、それがまためっちゃ良くて

 

ピアノに関しては私そんなに大したこと言ってない気がするけどその子の成長に感動した😭し、楽曲分析とか作曲とかなんとなく苦手に思ってたけど、のびのび&褒め上手&否定しない、その子の教え方にももちろん内容もすごい勉強になった。゚(゚^o^゚)゚。

 

で、普段のその子のレッスンでは毎回教え子を自分の先生の所に連れていった先生の気持ちで聴いてたし(笑)

最後の試験は今までで一番良い演奏だったのもあって本当に感動して

 

「教えるって😭✨人の成長を見届けるって😭✨素晴らしいー😭✨」

 

と思ったのでした!

 

試験後の打ち上げご飯のあと先生と2人で1時間ぐらいパリ散歩して(うふふ💕)、7月1日の最後のレッスン後もご飯行ってパリ散歩して、住所教えてもらって(フランスに住んでる人には極秘らしい。突撃訪問を恐れてるのかな。笑)、フォトブックにサインしてもらって


f:id:dawaseur:20170708215558j:image

お別れしました(╥_╥)(╥_╥)(╥_╥)(╥_╥)

 

もう去年の時点から「ナオコが来年帰るの残念、寂しい」って言ってて、いつも私のこと(私は専攻じゃなくてオプションだから)「このクラスへの素晴らしい贈り物」って言ってくれてたの(╥_╥)はぅ。。

 

考えてたら泣きそうになってきた(╥_╥)(╥_╥)

みんな仲良しでアツくて優しくて

あなたーにー会えーてーほんとーにーよかあったー(小田和正)

がぴったりあうで賞。゚(゚^o^゚)゚。

 

先生は相手が気持ち良いこと言うのがめっちゃうまいけど、「音楽院で教え始めて何10年かになるけど今年が一番良い年だった」って言ってたのは、嘘じゃないと思った😭

 

ていうか昔いた先輩が昔は休講が結構あったしご飯行ったりしたこともなかったって言ってたし💕うふふ←

 

のろけ話もういいって?😂

こういう強烈だけど素敵で大好きな先生がいましたという話でした! 

 

では最後のレッスンの日に今までで最強に強烈だった先生のファッションを紹介して終わります!

 

テーマ『マハラジャ』
f:id:dawaseur:20170708215758j:image

赤いワンピース着てんのかと思った!実際そんな感じやけど(笑)

で髪の毛も編み込んでくれとのリクエストで
f:id:dawaseur:20170708215731j:image

こうなり(笑)

前髪wwwwwww

 

こんなんで真面目な話もたまにはするから笑いが止まりませんでしたwww

多分留学してから一番笑ったし笑いすぎてめっちゃ泣いたwwww 

でも、「思い出に。忘れないように」

この2つ重ねてるネックレスのうちの一つくれたのーーー(╥_╥)(╥_╥)(╥_╥)

付けるかどうかはちょっと自信ないけど←

 

一生大事にします!!!

また絶対会えますように!!(>_<)

試験終わりー!

もう常にお久しぶりです!←開き直り

 

遂にピアノの卒業試験が終わり

お陰様で審査員の賞賛付き満場一致という、日本語にすると何事!?って感じの成績を頂いて首席卒業できることになりました。゚(゚^o^゚)゚。💓

 

学校から試験のスケジュールが8日前に送られてきて、「お、やるやん」と思ってたら(←もはや期待が低すぎ(笑)

結局2回変更があって、最終的なスケジュールが送られてきたのは前日でした😂😂😂

しかも私はトップバッターのはずが一番最後になるっていう結構大きな変更😂

 

で、うちの学校の変なところは

弾く前に口頭で自分のプログラムを言うこと!

きっとプログラム提出制度にしてもプログラム作る係がおらんとか締切守らないとか人数多いとかミスだらけとかなんとかで使い物にならないのかな…😂

そう考えるとシンプルな方法です(笑)

 

そんなこんなで弾きまして、聴きに来てくれたお友達たちがすごい褒めてくれて感激だったのでした(╥_╥)

 

なんか褒める時って普通「よかったよー!」

って感じな気がするんやけどこの度は

「幸せやった」とか「ありがとう」

とかそういうことを色々いってくれて恐縮しつつ、試験云々よりそう思ってもらえたことがとっても嬉しかった。゚(゚^o^゚)゚。

 

愛するフォルテピアノの先生は、

『試験とか審査員とか気にするな、聴いてる人に気に入られようと思うな、自分がいいと思うものをしろ!守るんじゃなくて与えろ!』

 

っていう感じなんだけど、今回はそれが少しはできたのかも😭💕

 

審査員の先生に講評聞きに行って、

「この後は日本に帰る」って言ったらびっくりして

「それはフランスにとって残念」

って言って下さった(笑)(笑)(笑)

 

いや私そこまでではない(笑)

 

そういえば去年、試験結果発表の紙が字汚すぎて読めないから探すのに一苦労…

っていう話を書いた気がするけど、今年からこんな表に統一されて一気に見やすくなったと同時に結果発表の残酷さが増した。゚(゚^o^゚)゚。

f:id:dawaseur:20170615153147j:image
名前の横に

満場一致賞賛付きトレビアン

満場一致トレビアン

トレビアン

ビアン

そこそこビアン

単位はあげよう

単位認めません

 

のどれかにチェックが付けられてて一目瞭然すぎて怖くないですか😱

日本ならモンスターペアレントが来そう←

 

そして去年は試験の前日が誕生日で1人寂しくケーキを食べてたのが(笑)、

今年は試験の次の日が誕生日で、しかも愛するフォルテピアノの授業と重なって、お祝いしてくれました😭😭💕


f:id:dawaseur:20170615153504j:image


f:id:dawaseur:20170615153522j:image

 いつにも増して素敵なファッションをご覧になって!笑

f:id:dawaseur:20170615153717j:image

そして次の日からは弾丸バルセロナ1泊旅行に行ってきて、とっても素敵な誕生日週間となりました!

 バルセロナの灼熱な気候とオレンジな街並みと開放的ファッションの人達に感化されて、ついついこんなワンピースを買ってしまいました。


f:id:dawaseur:20170615162336j:image

20€やし近くで見ると生地が安っぽいのはご愛嬌(笑)

 

バルセロナだと違和感なかったけど

でもパリや日本で着れる気がしません😂

 

ていうか下着とか部屋着みたいなファッションを見慣れたし、自分も超適当やし、日本で逆に浮かんようにしなやばいなってこの前も友達と話したところ!

あんまりパリ歩いててもみんな人種から何から違いすぎて流行とか感じないけど、日本に帰った時”みんな同じ服着てる!!!”って思った記憶が(笑)

 

何の話かわからなくなったところで

ごきげんよう👋!←無理やりすぎる😂😂

6月ぅぅー!

もう学校もあと少しのレッスンと学年末試験を残すのみというような終盤を迎えまして(>_<)

 

いつにも増してアクティブだったこの2週間!

 

先週は徒歩10分弱の所に住んでて何回も行ってるのに未だに登ったことなかったノートルダム寺院にやっと登ってきました🎶


f:id:dawaseur:20170601230759j:image

本当にパリのど真ん中にあって、360℃見渡せるからなかなかの絶景でした!
f:id:dawaseur:20170601230811j:image

十人十色?なガーゴイル達


f:id:dawaseur:20170601231534j:image

f:id:dawaseur:20170601230844j:image


f:id:dawaseur:20170601230944j:image

ひぃ~ヽ(;▽;)ノ

f:id:dawaseur:20170601231550j:image

ノートルダム寺院と言えば、ユゴーの有名な「ノートルダム・ド・パリ」ですが、そのストーリーの大部分が展開されるノートルダムの鐘!
f:id:dawaseur:20170601231000j:image

がしかし、私ノートルダムドパリについて何も知らないので  (しらんのかーい😂😂

それに対する感動はなかったけど←

この辺りの内部が精巧な木造だったのが興味深かったです!

 

 

ところで、先週末&先々週末リサイタルの予定だったの。

 

でその一回目の方がある週、

行きたいコンサートありまくりで

 

土曜ペレアスとメリザンド(オペラ

日曜ナタリーデセイリサイタル

火曜ネトレプコ出るオペラ←買ってた

木曜 ヴェルサイユのオペラ

金曜ティーレマンとルネフレミング

土曜ティーレマンとトリフォノフ

日曜自分のコンサート

 

こんな感じで。゚(゚^o^゚)゚。

パリってやっぱりやばい…!って思いつつ(笑)

 

でも自分のもやばすぎるから2つだけにしたわけ。

 

で木曜日にFacebookでお知らせしたらピアノのお友達たちが「行くいく~」ってたくさん言ってくれて、

 

激重なプログラムで準備がやばかったもんだから、そのあと急にプレッシャー感じ始めて頑張ったら(遅いw)金曜朝のレッスンの時にはちょっと腕しんどくて。゚(゚^o^゚)゚。

 

先生にもう練習すんなって言われて。゚(゚^o^゚)゚。

 

もう不安だらけでもここは腹をくくってやるしかないわと気持ちを作っていた金曜の深夜!!!!

 

Facebookを見てると!!!

 

 

友達の友達(だから他人)のコンサートのお知らせが目に入り!!!

 

私と同じ日、同じ時間、同じ場所でのコンサートをお知らせしているーーー!!!!\(^o^)/笑笑

 

すぐにダブルブッキングだと理解したけど(そういう問題よく起こりがち)

もう頭の中がぐっちゃぐちゃになって興奮してなかなか寝れず\(^o^)/

 

翌朝、教会のマダム(あんまり連絡つかないw)に緊急感あふれる留守電メッセージ&SMS攻撃して、お昼前に折り返し電話が\(^o^)/

 

既にメッセージの内容を確認してるかと思いきや

 

「(~~~♪...♪*゚超優雅な音楽聴いてる)

 

もしもしナオコ元気?どうかした?」

 

おーい\(^o^)/

 

 

で結局マダムが私のリサイタルのことが頭からふっとんでて別のコンサート入れちゃってたから私のはなしになったわけやけど、

もう絶対に謝らんの。゚(゚^o^゚)゚。笑

 

「ところであなた8月はあいてる?」

とか話そらしだすから

 

 

私は何度も確認したしあなたのミスだし、それのために準備もしてたし、私は既にお知らせして、来てくれるっていうお友達もいて、それにもし私がFacebookで見かけてなかったらどうなってたかわかりますかetc etc 🔥🔥🔥

 

 

って言われたらさ、もうごめんって言うしかないやん普通!💀💀💀

 

でもマダムの返事は日本語でいうと

 

「うんうん。わかったから!」

 

って感じでした。おいこら笑

 

 

そんなこんなで日曜のリサイタルはなくなったので

 

手もしんどかったことだし、

土曜日→モード展覧会&装飾芸術美術館(ヨーロッパの色んなところで夜中まで美術館が無料で開く日だったの)


f:id:dawaseur:20170601232019j:image

日曜日→ヴェルサイユにて馬車博物館&ヴェルサイユオペラ座でその週諦めてたオペラ


f:id:dawaseur:20170601231739j:image


f:id:dawaseur:20170601231805j:image

に行きました(*^o^*)

リサイタルがなくなった分これでもかと週末を満喫したよ♡笑


f:id:dawaseur:20170601232124j:image

あまりにも豪華すぎる馬車
f:id:dawaseur:20170601232242j:image

ヴェルサイユに雪が積もった時にはこんな

ソリでうふふおほほしたらしい


f:id:dawaseur:20170601232309j:image

 

そんな感じで、

一回目のリサイタルに来てくれる予定だったのにダブルブッキングのせいで来れなかった友達たちがいるのは本当に残念だったけど結果的にリフレッシュ出来たのでした!

 

で、先週末の方のリサイタルは無事に行われまして。゚(゚^o^゚)゚。

最高気温が32℃とか35℃とかいわれる中、起きた瞬間からものすごい目眩で最初は歩くのも辛かったほどだけど。゚(゚^o^゚)゚。

なんとか無事に激重プログラムを弾き終えることがでぎまじだ!号泣


f:id:dawaseur:20170601231844j:image

録音聴いてみたらぶっ飛ばしすぎてちょっとびっくりしたけど(テンポの問題じゃなくて、、テンション?笑)、まぁそれはそれとして、この反省を生かして試験も乗り切りたいなと思いますですまる!

 

ジョゼフィーヌのワードローブ👕②

dawaseur.hatenablog.com

の、つづきです!

 

👇1804-1837宮廷用銀ラメチュールのドレス

ジョゼフィーヌやオルタンスも着たもの

f:id:dawaseur:20170407210038j:plain

7つの刺繍入りスカーフ、5枚のスカート、帽子とともに身に着けられるドレス👗

 

f:id:dawaseur:20170407210041j:plain

 オルトンス王妃の遺言を書いたマダムの子孫のところで保存されていたらしい。

 

 

👇宮廷用のドレス&マント 

ジョゼフィーヌが着てて、ウージェニー(ナポレオン3世の皇后)にあげたもの

生地の全面に銀の糸、1㎜の金属ラメで直接 春雨模様(?笑)

の刺繍が施されたとっても繊細(→だから頻繁に着れない)、

でもなめらかで軽いという技術と豪華さ盛りだくさんなドレス👗

f:id:dawaseur:20170407210053j:plain

春雨模様さんは細かすぎてこの写真では

目を凝らさないと見えないかもってぐらい( ;∀;)

f:id:dawaseur:20170407210117j:plain

 

👇刺繍されたモスリンとチュールのパフスリーブドレス

元々ジョゼフィーヌのもので、リフォームされたもの。

ジョゼフィーヌは第一帝政時代に流行した生地であるモスリンのドレスをいっぱい持っていて、

1796年には9着→1809年には70着!!も持ってたそう

f:id:dawaseur:20170407210100j:plain

 

👇パールの刺繍されたドレス

f:id:dawaseur:20170407210104j:plain

このモチーフは第一帝政時代に流行してたものらしい

f:id:dawaseur:20170407210106j:plain

 

👇ジョゼフィーヌのコットンドレス

ウエストが少し低いから1812年以降のものだと思われる

f:id:dawaseur:20170407210111j:plain

 

👇1810-1815頃のハイウエスト、バルーン袖ドレス

 

袖の上から別の長い袖をつけられるようになっていて、

日中と夜の両用使いのためor年齢や持ち主の変化によるものと考えられる

f:id:dawaseur:20170407210126j:plain

👇オルタンスのスカーフまたはヴェール

f:id:dawaseur:20170407210130j:plain

シュロの葉模様というらしい

f:id:dawaseur:20170407210131j:plain

👇ジョゼフィーヌのヴェール

ブリュッセルのボビンレースがあしらわれている

f:id:dawaseur:20170407210135j:plain

ショール類は第一帝政時代には無視できないアクセサリーで、

ジョゼフィーヌは山のように持ってたんだけど

彼女は午前中常に肩にかけたりして身に着けていた。

しかしナポレオンは少し体を覆い過ぎだと感じ、

はぎとったり何度か火に投げ入れたりした

そして彼女はまた注文するのだった

お、、おう、、(´゚д゚`)

目録によるとジョゼフィーヌのコレクションは

1809年には58枚のカシミヤのショール

(白16、赤12、黄色9、赤紫5、ストライプ5、青3、黒2)

1814年には更に47枚

さらに24のヴェール、6つのガーゼのスカーフ、12のモスリンのヴェール

お、おう、、 (´゚д゚`)

 

👇金の刺繍が施されたスカーフ

f:id:dawaseur:20170407210153j:plain

f:id:dawaseur:20170407210157j:plain

 

👇オルタンスのヴェール

頭文字のHの刺繍

あまりにも大きいので、結婚の時のヴェールまたはテーブルクロスとして使われてたと考えられる

f:id:dawaseur:20170407210211j:plain

刺繍♡

f:id:dawaseur:20170407210214j:plain

頭文字 ( Hortense )

f:id:dawaseur:20170407210216j:plain

 

👇ジョゼフィーヌの小銭入れ、一番右はオルタンスの物

f:id:dawaseur:20170407210144j:plain

ごくごく小さいサイズ

 

👇ジョゼフィーヌの小銭入れ

f:id:dawaseur:20170407210148j:plain

 

👇部屋用スリッパ

f:id:dawaseur:20170407210221j:plain

 

👇絹のサテン、リボン、黒タフタの靴

オルタンスのもの

f:id:dawaseur:20170407210121j:plain

靴は18世紀のようなヒールは履かれなくなって、ぺたんこ&2本のリボンで踝または足にくくるタイプの靴だったそう。

 

👇ジョゼフィーヌの靴

f:id:dawaseur:20170407210232j:plain

 

例にもれず靴もたくさん持ってたジョゼフィーヌさん。

1809年の目録には258足

その上同じ年の12月の請求書には44足

(サテンまたはタフタ38足、白うさぎの裏地の付いたベロアの靴2足含)

 

って書かれているとか(´゚д゚`)

 

 ちなみにこういう靴たちは丈夫じゃないから長いこと外を歩くのには向いてない→でもジョゼフィーヌは散歩が好きだったので靴の上からサボ(木靴) を履くようにしたらたちまち宮廷中の女性がサボを履くようになったらしい\(^o^)/💡

まさに流行発信者\(^o^)/

 

と、い、う、こ、と、で、

以上で終わりです\(^o^)/\(^o^)/

ジョゼフィーヌたんの衣生活、散財っぷり、当時のモードなどがよくわかる展示内容だったのではないでしょうか\(^o^)/

この他にもパリで2つ服飾史の展覧会に行ったけど写真禁止だったからブログに書けないことに少し安心してる自分がいるよ←

あ、ロンドンの博物館のは写真あるわ💣爆

 

まあこの服飾シリーズ、自己満ではありますが楽しんで頂けた方が少しでもいることを願いつつ…

ではまた(^o^)ノ 

ジョゼフィーヌのワードローブ👕①

ついにーーー!

3月に訪れたマルメゾン城でのエクスポジションの紹介です\(^o^)/

マルメゾン城といえば、ナポレオンの最初の奥さんだったジョゼフィーヌが余生を過ごした場所!

今回はジョゼフィーヌとその娘のワードローブがテーマの展覧会でした💛

Emprjose.jpg

ジョゼフィーヌはその時代で一番良い洋服を着ておしゃれだった女性と言われていて、

ナポレオンと結婚する前から社交界の花形として有名で✨その洋服にかける金額はものすごかったそう

 

例えば1798年6月に洋服職人が語った話によると

6か月で80着のドレスを作らせたなど(+_+)

 

そんな彼女のファッションはいつも注目の的で、

彼女が流行を作り、モード産業・繊維産業を刺激したほど👕

なので彼女のファッション=流行最先端なのでした!

 

ちなみにフランス革命直後のこの時代のモードは

革命とともにこんな感じから

http://mfas3.s3.amazonaws.com/objects/SC115287.jpg

こんな、すとんとしたハイウエストのシンプルなラインに大~~~きく変化した時期です!

かつら等、貴族らしいものは全てさようなら🐸 

f:id:dawaseur:20170523195117j:image


 

それでは展示内容紹介♥♥

 

👇左:ジョゼフィーヌ

 右:最初の夫との間の娘、オルタンス

f:id:dawaseur:20170407205925j:plain

👇レースのシュミーズ

1809年、ジョゼフィーヌはその1年のために455着のシュミーズを所有していて、

12月だけでそのうちの94着がクリーニング屋に出されてたということです!

(何の情報(笑))

f:id:dawaseur:20170407205921j:plain

f:id:dawaseur:20170407205923j:plain

👇オルタンスのシュミーズ

f:id:dawaseur:20170407205907j:plain

👇ジョゼフィーヌの靴下!

f:id:dawaseur:20170407205910j:plain

1809年初め、ジョゼフィーヌは332の綿の靴下&232の絹の靴下

1814年にはさらに187の絹、82の麻または綿の靴下がタンスにあったらしい(笑)

 

👇解説に書いてた小話w👇

とあるマダム(使用人?)の証言で

「彼女は新しい下着しかつけなかった🌼」

というのがあるのに、帳簿には

≪絹下着のクリーニング屋≫の文字がある

 こんな話まで200年後にわざわざ暴露されるなんて!笑

 

 

👇ジョゼフィーヌのコルセット

使い方は恐らく

ワンピースの上に重ねる or 短いコルセットのように使う(今でいうブラジャー的な)

f:id:dawaseur:20170407205933j:plain

 

👇皇妃の衣類ボックス

f:id:dawaseur:20170407205914j:plain

ジョゼフィーヌは普段の身づくろいは、部屋係が服をいくつか選び持ってきた大きな籠からワンピースやショール、帽子をその日の気分に合わせて選んだんだって(*'ω'*)

 

だから衣裳部屋には年に2回のワードローブを見直す機会にしか入らなかったけど、その時にもう不要だと思った服等は別のものに作り替えたり、身の回りの世話をしていた女性たちに分けたそう。

1814年に亡くなってからはそのワードローブは散らばってしまったけど、いくつかは親族によって保管されてきて、今このマルメゾン城にたどり着いたそうな…🌼

衣類はとても繊細なのでこうして一般に公開されるのはなかなかない機会なのでした!

 

👇パリ、グランモン通り3番地のレースのお店からの請求書

f:id:dawaseur:20170407205941j:plain

  字が素敵♥

👇請求書

f:id:dawaseur:20170407205945j:plain

・クリーム色リネンの「たくさんの縁飾りつき」刺繍ワンピース

・ガーゼ素材のモスリンの白ワンピースパール付き

・モスリンの生地

・刺繍されたぺルカル生地(目が細かい綿織物)

・スコットランドのリネン生地

・ガーゼのモスリン生地。。。。

 

👇1814年の目録によると88個もってたらしいボネット

部屋でかぶるイケージだけど、この時代はそれだけでなく、レースやリボン、花で飾って街でも着けられていたみたい。

f:id:dawaseur:20170407205956j:plain

👇ボネットと髪の飾り

f:id:dawaseur:20170408001852j:plain

かつら、付け毛を使うことは第一帝政時代よくあったみたいで、地毛の上にリボンやバンドを巻いた後、ターバンや花かんむり、付け毛で飾った。

👇という付け毛

f:id:dawaseur:20170407210002j:plain

 地毛は使わず色々付けておしゃれするって楽しそうかも(^o^)

 

👇金のドットのドレス

f:id:dawaseur:20170407210008j:plain

👇宮廷用マント

ジョゼフィーヌの息子ウージェーヌの子孫のところで見つかった宮廷用マント

もしかしたらウージェニーも着てたんじゃないかという

f:id:dawaseur:20170407210012j:plain

f:id:dawaseur:20170407210022j:plain

1804年にナポレオンが皇帝になって、宮廷とそのコスチュームが復活したことによって採用されたのがドレスの上に着るマント。

 

 

f:id:dawaseur:20170407210024j:plain

周囲に刺繍がされているのが普通だけど、

プリンセス達は好きなだけ刺繍を入れれるのに対して

他の人たちは親指4つ分以内と決まっていたそう。

 

ちなみにこの親指4つ分という謎の単位、

youtubeで見たこの歴史番組動画にも出てきてんけど

youtu.be

フランス革命前は

足1個分(約30㎝)=親指(約2.5㎝)12個分

みたいな、しかも地域によって曖昧な単位で数えられていて、

メートル、キログラムetc の単位に統一されたのはそれより後。

しかも全国に浸透するには当然かなりの時間が必要で

wikipediaさんにはこう書いてありました!

フランスは1837年にメートル法以外の単位使用を法律で禁じ、1851年のロンドン万国博覧会や1867年のパリ万国博覧会などで広報活動を行い、普及に努めた

ついでに日本は

1885年メートル条約に加入。更に1921年に尺貫法を廃止したが、使い慣れた単位を移行することへの庶民による根強い抵抗もあり、本格的な普及は、メートル法の使用を義務付け、尺貫法の使用を法的に禁じた1951年施行の計量法まで待たねばならなかった。

日本のメートル法化完全実施は1966年4月1日までかかった。

だそうです、最近のことだったのね( ゚Д゚)✨

 

ちなみに↑に貼った動画、いくつかシリーズあって、えぐいほどよく出来てるのでとてもおすすめ!(フランス語です(>_<))

フランス革命のこと、その当時の人々の気持ち、フランス人がなんでこんなに自己主張するのかなど(笑)  すごいよくわかった💡

私が昔習ったこと全部頭から飛んで行ってるだけで実は常識なんかな?って不安な気持ちもちょっとある笑

 

脱線しましたが

f:id:dawaseur:20170407210029j:plain

👇オルタンスに捧げられたマント

f:id:dawaseur:20170407210032j:plain

刺繍が豪華すぎるマント

f:id:dawaseur:20170407210035j:plain

 

ということで、続きは次回に\(^o^)/

 書きながら「これ留学ブログやんな一応?」と思ったよ(笑)

はやくも終盤…!


f:id:dawaseur:20170512205330j:image

 

早いもので私の留学生活もこの夏らへんに終わりますのですが

 

「もっといたい!あれもこれもしたい!」 

ってならないように、この1年8ヶ月ぐらい、すごく気をつけて日々生きてきました!笑

 

なのでこの生活が大好きだし既に悲しいし寂しいけどもっと残りたいという気持ちはないです!(きっぱり)

 

というのも

「あぁ私の冬@パリが終わった…ほろり」

「あぁここを通ることもあと10回もないのかも…ほろり」

「あぁこの人に会うのも…(以下略)」

 

みたいにほんとに常々意識しすぎて、

「やっぱりあと1年いる~!」

ってなったらずっこけそうなの←

 

 

そんな私の!

きっとパリ生活最後の(ガルニエの方の)オペラ座公演に行ってきました!涙
f:id:dawaseur:20170512204947j:image

プログラムは、ラヴェルの

◎高雅で感傷的なワルツ+ラヴァルス

◎ピアノコンチェルト ト長調

◎ボレロ

 

に振付られたバレエ!💓

 

 ↑オペラ座バレエのTwitterより(写真見えるかな?)

 

とってもとっても良かった!

ラヴェル好きすぎるし弾いたことある曲達だったけどバレエを観るのは初めてで、

「そ、そこをそんな風に…!ズキューン😵💓💓💀💀👼👼」の嵐でした。笑

 

のと、こんなのがちょっと10分電車乗るぐらいで観に来れる生活が終わるのは本当に悲しいことだと思ったので、やっぱり来月も別の公演に当日券で来ようと決めました\(^o^)/←最後じゃなかった

あと写真撮ったけどやっぱり私のスマホの画質はあんまりなのでもう1回リベンジしたい🔥爆
f:id:dawaseur:20170512205036j:image

そういえば、美女と野獣の映画を観た時に、お城の入ったところがこのガルニエオペラ座にそっくりやなと思ったけど

f:id:dawaseur:20170512205045j:image

そんなことより、映画の舞台となった村のモデルになったいくつかの町のなかに

私が去年ファンタジー生活(※講習会(笑))を送った町も入ってるらしく、

確かに似てるところがあって嬉しかった(´;ω;`)

もしよかったら👇💛笑


そんなこんなで?

 YouTubeにあった

同じ曲のバレエ動画も参考までに載せます!

↓これは画質音質めっちゃ悪いけどla valse (高雅で感傷的+ラヴェルをくっつけてる)

youtu.be

↓コンチェルトの二楽章

youtu.be

↓ボレロの抜粋(オペラ座のCMなのでそのもの)

youtu.be

 ボレロの振付は2013年に付けられた新しいものやったけど、映像や鏡を使ってて、有名バージョンに劣らずなかなか壮大でした!

ほんまに表現の手段や幅って無限なんやなと思わされます(╯⊙ ω ⊙╰ )

 

📷その他最近の写メたち📷

 

この前出たコンサート@小さいお城のサロンの部屋が素敵だった💓


f:id:dawaseur:20170512205146j:image

 今パリの色んなところでミッションインポッシブルの撮影してて、まさかの私のアパートの通りでトムクルーズが撮影するという「わーーい」な自体が起きました\(^o^)/
f:id:dawaseur:20170512205355j:image
だがしかし車を派手に乗り回すシーンなためトムクルーズを見れたのは撮影後彼が車から降りた2回のみで結構遠目(私5階だから)だったけど満足😍

f:id:dawaseur:20170512205727j:image

きっと通り自体はほとんど映ってなさそうやけど絶対映画館に見に行く!笑

 

そして年に2回のものすごく大規模な骨董市@バスティーユ。

やっぱり私が惹かれるのは紙系らしく(笑)

クリスティーヌちゃんがおじいちゃんおばあちゃんに書いたと思われる新年のお手紙
f:id:dawaseur:20170512215824j:image

1901年のもの💕
f:id:dawaseur:20170512215837j:image

文字自体も、とっても丁寧なフランス語も美しすぎるー!

 そして表紙が素敵すぎるこちらは
f:id:dawaseur:20170512215848j:image

1920年のオペラコミックのプログラム
f:id:dawaseur:20170512215902j:image

プログラムや出演者の写真と共に載ってる広告も面白い😆(左下…💀)
f:id:dawaseur:20170512215917j:image

私的にはもっと手紙買いたかったけど1枚につき10~30€の値段がついてたから(年代も1840年のものとか!)、泣く泣くお値段控えめな一つに絞ったら

「5€でいいわよ😚」

って言われて。゚(゚^o^゚)゚。もう一つぐらい買っても良かったかも~ってなってる!

 

あとは日帰りでオランダに行ったり
f:id:dawaseur:20170512210658j:image

した話はまた改めて書きます(*^o^*)

また改めて書くはずのブログが多すぎる(*^o^*)冷や汗

 

ではでは!